HOME > 美容メニュー > フランス式リンパマッサージ

美容メニュー

フランス式リンパマッサージ

リンパマッサージコース リンパドレナージュとはフランス語で『リンパ排出法』という意味。
1932年にエミール・ヴォッダーが行ったのが始まりです。
ヨーロッパでは、100年ほど前から医療の分野で取り入れられている解剖生理学の裏付けをもったマッサージ技術です。
がんの治療でリンパ節を切除した方などには、浮腫(体内のリンパ液の流れが阻害されて皮膚組織内に体液が過剰にたまって現れるむくみ)の後遺症が起こることがあります。
そこで取り入れられているのが、むくみを適切に排出するためのメディカルリンパドレナージュのテクニックです。


ポイント

リンパマッサージとの違い

同じリンパ系に対するトリートメントですが、リンパマッサージは「リンパの流れに沿って行う」マッサージで、リンパドレナージュは「流れを阻害する 原因を取り除いたり、リンパの流れを促したりする」手技です。
したがって比較的強めに行うことが多い『リンパマッサージ』に対し、『リンパドレナージュ』 は非常にソフトでゆっくりとしたタッチで行っていきます。

リンパ液の流れを活性化

リンパ液は筋肉などの作用によって押し流されるほか、リンパ管自体の作用によっても流されますが、一分間で30cm程度しか動きません。
もともと滞りやすい上、運動不足や冷え、体のゆがみなどで停滞してしまった流れを、リンパドレナージュによって促し、本来の働きを取り戻していきます。

リンパドレナージュの効果

冷え、むくみの改善
体質改善(体に蓄積された重金属の排出に導きます)
肩こり解消(血行を促進することでコリが解消されます。また、ソフトなタッチが自律神経系に作用し、興奮した状態を鎮め、ストレス解消へと導きます)
肌荒れ、にきび改善(リンパドレナージュはコラーゲン生成を促し皮下の栄養を高め、皮脂の分泌を適切に促します)
皮膚のたるみ・しわ改善(リンパドレナージュの軽くてリズミカルな施術によりコラーゲン・エラスチン線維の回復が期待できます。肌の弾力や張り、血色もよくなります)

オイルを使用したリンパマッサージになります。


メニュー


このページのトップへ